TVアニメおよび劇場版アニメが大ヒットし、社會現象ともなった『鬼滅の刃』をはじめ、『呪術廻戦』などなど、多くの連載作品がアニメ化され高い人気を誇っている『週刊少年ジャンプ』。漫畫やアニメ好きな人にとって、次はどの作品がアニメ化されるかも気になるところですよね。

以TV動畫和劇場版大受歡迎,成為社會現象的《鬼滅之刃》為首,《咒術回戰》等在《週刊少年JUMP》上連載的許多作品都被製作成了動畫,並擁有很高人氣。對於漫畫、動畫愛好者而言,應該也很好奇接下來會是哪部作品被動畫化吧。

そこで今回は、現在『週刊少年ジャンプ』にて連載している漫畫のうち、未アニメ化の作品3作をピックアップして紹介します。

因此這次,本文從目前正在《週刊少年JUMP》上連載的漫畫中,選出了3部還沒被動畫化的作品介紹給大家。

●アンデッドアンラック(戸塚慶文)

●不死不幸(户冢慶文)

「次にくるマンガ大賞2020」のコミックス部門で堂々の1位に輝いた、戸塚慶文さんによる『アンデッドアンラック』。觸れた相手に不幸をもたらす「アンラック」の能力を持つ少女・出雲風子と、死ぬことができない「アンデッド」の男・アンディのコンビが、世界の謎に立ち向かうピカレスクロマンとなっています。

《不死不幸》由户冢慶文所作,在“下一部漫畫大獎 2020”中獲得了漫畫部門的第一名。講述的是擁有給觸碰到自己的人帶來“不幸”能力的少女・出雲風子和無法死去“不死”的男子・亡靈安迪共同對抗世界之謎的故事,是一部惡者類型作品。

世界観もしっかり構築されていて、登場する各組織や所屬キャラも魅力的。熱いバトル描寫も見どころで、もしアニメ化した際にはド派手なアクションシーンにも大きな期待がかかりますね。

這部漫畫的世界觀構建得很好,登場的各組織和組織中的角色都很有魅力。熱血的戰鬥描寫也是一大看點,如果被製作成動畫的話,華麗的動作場景也一定會讓人期待不已吧。

●僕とロボコ(宮崎周平)

●我與機器人(宮崎周平 )

宮崎周平さんによるギャグ漫畫『僕とロボコ』。設定は超高性能メイド型ロボ(OM:オーダーメイド)が一般的に普及している世界で、どうしてもOMが欲しい主人公・平凡人(ボンド)が、ママを説得してOM「ロボコ」を手に入れる、というストーリー。

宮崎周平創作的搞笑漫畫《我與機器人》。故事設定在超高性能女僕型機器人(OM:定製女僕)普遍流行的世界,講述了無論如何都想要OM的主人公•普通人(Bond)説服媽媽後獲得了屬於自己的OM(Roboco)的故事。

「あれ、どこかで見たことがある設定のような……?」と考えてしまったが最後、もうこの作品にハマること間違いなし。多種多様な方向性のパロディーを追求しているのも魅力的です。

雖然一開始可能會覺得“咦,這種設定好像在哪裏看過”,但最後一定會迷上這部作品的。追求各種各樣不同類型的惡搞,也是這部漫畫的魅力之一。

●逃げ上手の若君(松井優徵)

● 擅長逃避的若君(松井優徵)

TVアニメ化や実寫映畫化もされ大ヒットとなった『暗殺教室』や『魔人探偵脳噛ネウロ』を生み出した松井優徵さんによる作品。南北朝時代に、鎌倉幕府再興を掲げて挙兵した「中先代の亂」にて足利尊氏と戦った、北條時行を主人公としており、歴史好きな人にも注目の漫畫です。

這部作品是TV動畫版和真人電影版都大熱的《暗殺 教室》、《魔人偵探食腦奈羅》的作者松井優徵的新作。故事發生於南北朝時期,主人公是為復興鎌倉幕府而興起的“中先代之亂”中和足利尊氏交戰的北條時行,是歷史愛好者也很關注的一部漫畫。

すでに第1話が「ボイスコミック」としてYouTubeで公開されるなど、今後のさまざまなメディア展開も予感させます。2022年には大河ドラマでも題材となる鎌倉幕府執権北條氏の最後の時代を舞台にしていることもあり、トレンドに乗ってアニメ化する可能性も高いのではないでしょうか。

第1話已經作為“有聲漫畫”在YouTube上發佈了,有預感今後它將登上各個平台。漫畫以鎌倉幕府統治者北條氏的沒落時期為背景,2022年也有相關題材的大河劇將會播出,所以乘勢製作成動畫的可能性也很高。

ここまで、週刊少年ジャンプの連載漫畫で未アニメ化の作品3作を紹介しました。あなたが次にアニメ化してほしい漫畫はなんですか?

以上,本文已經介紹了3部在週刊少年JUMP上連載,還沒有被動畫化的漫畫作品。你希望下一部被動畫化的漫畫是哪個呢?

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:熬夜也要看!高人氣的深夜漫改動畫TOP10