現在は安全のため、エスカレーターでは両側に立ち、歩かないことが推奨されているが、つい片側を空ける人も多いのでは?

現在為了安全,建議自動扶梯兩側都站人,在扶梯上不要走動,但是很多人還是無意識地站在了同一側吧?

関西獨自のエスカレーター文化

關西獨特的自動扶梯文化

【4px自提櫃】なんで関西はエスカレーターで右側に立つの?

【4px自提櫃】為什麼關西是站在自動扶梯右側?

【4px自提櫃】阪急電鉄のアナウンスがきっかけです。

【4px自提櫃】是從阪急電鐵的廣播開始的。

エスカレーターに乗る際、急いでいる人のために東京などでは左側に立って右側を空けるが、大阪などの関西では右側に立つことが多い。全國的には東京と同じ「左立ち」が主流だが、なぜ関西では「右立ち」なのだろうか。大阪の文化に詳しい相愛大學客員教授の前垣和義さんに話を聞いた。

乘坐自動扶梯的時候,為了着急過路的人能快速通行,在東京等地是站在左側空出右側,而在大阪等關西地區則多站在右側。全國和東京一樣,“左立”是主流,但為什麼在關西是“右立”呢。對此我們採訪了精通大阪文化的相愛大學客座教授前垣和義先生。

「関西でエスカレーターが右立ちになったのは、阪急電鉄のアナウンスがきっかけです。1967年に、阪急梅田駅(現大阪梅田駅)に関西で初めて1階から3階までの長いエスカレーターが設置されました。そこで阪急電鉄は急ぐ人のために片側を空ける必要があると考え、『お歩きになる方のために左側をお空けください』とアナウンスを始めたのです」

“在關西,靠自動扶梯右側站立是因為阪急電鐵的廣播。1967年,阪急梅田站(現在的大阪梅田站)在關西第一次設置了從1樓到3樓的長自動扶梯。因此考慮到那些着急趕阪急電鐵的人,要把一側空出來,於是廣播開始放送“為了着急趕車的人請空出左側”。

実際にエスカレーターを利用している人を観察したところ、右側に立っている人が多かったため、左側を空けるように求めたという。

實際觀察乘坐自動扶梯的人,因為很多人都站在右側,所以選擇把左側空出來。

しかし、それですぐに右立ちが定着したわけではないらしい。

但是,似乎並不是因此就立即確立了右立。

1970年に開催された大阪萬博が右立ちが定着したきっかけという説もあるようだが、前垣さんは、大阪萬博はとても混雑していて左側を空けるどころではなかったはずだと話す。

雖然也有説法認為1970年舉辦的大阪世博會是右立固定下來的契機,但是前垣説大阪世博會人非常多非常擁擠,左側應該空不出位置來。

「萬博のしばらくあと、銀行のATMコーナーに割り込み防止のためのロープが張られ、順番に並ぶようになりました。このことをきっかけにマナーに対する意識が高まったこともあり、エスカレーターでも右側に立つ習慣がマナーとして根づいたのだと思います」

“世博會一段時間後,為了防止銀行的ATM櫃枱發生插隊事件拉起了繩索,開始按順序排隊。以此為契機,人們對禮儀的意識也有所提高,在自動扶梯的右側站立的習慣也作為禮儀紮根了。”

翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關閲讀推薦:日本會誕生第一個女首相嗎?